凶悪事件簿 2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エド・ゲイン

エド・ゲイン(Ed Gein、本名はエドワード・セオドア・ゲイン〈Edward Theodore Gein〉、1906年8月27日 - 1984年7月26日)は、アメリカ合衆国の殺人者、墓荒らしである。彼の犯罪は、彼が地元の墓場から掘り返した死体で作り出した恐ろしい「戦利品」と「記念品」を警察当局に発見されたことで名を馳せた。彼の有罪判決は2人の人間の殺害のみであるにもかかわらず、しばしば連続殺人者と呼ばれる。

人間の死体を使って、ランプシェイドやブレスレットを作ったことで知られており、アメリカの殺人史を代表する1人である。本人によると、自分の名前の正確な発音は「エド・ギーン」であるというが、本項名である「エド・ゲイン」のほうがよく知られている。


◆生い立ち・母の教育◆

1906年8月27日、ウィスコンシン州バーノン郡(Vernon County, Wisconsin)にて、父ジョージと母オーガスタの次男として生まれる。両親はともにウィスコンシン州の生まれであった。エドには、ヘンリーという兄が1人いた。父のジョージ・ゲインは極度のアルコール依存症で、何度も失業していた。母のオーガスタ・ゲインは、自分の両親からひどい侮蔑を受けたにもかかわらず、自身の信仰と離婚することを信じて夫婦生活を辛抱強く続けた。オーガスタは小さな食料雑貨店を経営しており、ついにはウィスコンシン州プレインフィールドの街はずれにゲイン一家の永住の家となる農場を買った[3]。オーガスタがこの農場を買ったのは、部外者が訪れることによる影響を子供たちに与えないためであった。

エドは幼い頃から厳格なキリスト教による戒律を受けてきた。エドが後に及んだ犯行の間接的な要因として、母のオーガスタによる倒錯的な教育があげられる。オーガスタは、敬虔なルター派の信者一家に生まれた。彼女の父親は狂信的な人物で、躾が厳しいことに加えて、体罰も施した。この影響で、オーガスタは父の性格を受け継いだ性格の人間になった。自分の正しさを信じて疑わず、それを他人に押し付ける独善的な人物となった。夫のジョージに対しては、「役立たず」と罵るのが常だった。さらに、「妊娠以外の目的での性行為」を硬く禁じており、家庭内には常に見えない緊張感が漂っていた。彼女は性行為を心の底から嫌悪していたのである。ジョージは酒が入ると、妻の罵倒に対して手を上げることもあったため、悪態をついてひたすら夫の死を祈った。彼女は最終的に2人の子供を儲けた。彼女は女児を望んでいたが、生まれたのは男児であった。

オーガスタにとっては、外の世界のあらゆる存在が「悪徳」と「堕落」であった。彼女はプロテスタントの信仰に由来する異常な性教育を、息子たちに施した(男性器を「悪の象徴」とし、全ての堕落と頽廃の源であると教え、息子たちに、自分の性器に唾を吐くことを強要した)。大雨が降るたびにノアの方舟の話を聞かせ、「世界の終わりが来た」と語り聞かせた。「淫らな服装をして男たちを誘う女だらけのこの世は腐りきっており、近いうちに神が世界を破滅させるだろう」という終末論も聞かせて、兄弟2人を恐怖に陥れた。「他者は穢れているから一切関わってはいけない」「若い女は不潔で汚らわしく、堕落していて邪悪な存在だ。女たちには指一本触れるな」として、女性との関わりや、友達を作ることを一切禁じた。そのようなことになれば、家の中に「悪が侵入する」と警戒していた。息子たちには、父のようになってはならないと言い聞かせ、自分が彼と暮らしたためにどれほど不幸になったかを語り、息子たちにも父の死を祈らせた。

オーガスタの歪んだ教育によって、エドは幼くして統合失調症の兆候が見られるようになった。同年代の子供とほとんど話すことができなかったエドは、卑猥な話を聞くと真っ赤になって逃げ出し、些細な嘲弄を受けてもたやすく泣き出すのであった。オーガスタは、「どうしても肉欲に抗えないときは、姦淫よりも自涜の罪のほうを神はお許しになる」と子供たちに言い聞かせた。しかし、これは「生めよ殖えよ、地に満ちよ」という旧約聖書の教えに明らかに反していた。

人が社会生活や人間関係を学ぶ最も重要で多感な時期に、外部の人間たちとの接触を絶たれたことで、エドは充分な対人関係の構築方法を学習できなかったとされる。それでも、エドはそんな母を心から愛していた。

エドは母を幸福にしようとしたが、母が喜ぶようなことはめったになかった。彼女は息子たちに言葉の暴力を浴びせることで、夫のジョージのような失敗を犯さないだろうと信じていた。

◆家族の死後◆

1940年、父ジョージが心臓発作のために66歳で死亡した。その後、エドの7歳年上の兄のヘンリーが農場での仕事を手伝い始めた。兄弟2人は、町の人々からは立派で頼りになる存在と見られていた。2人ともよろず屋として働いており、その間にエドはしばしば隣人の子守をしていた。エドは子守を楽しみ、子供たちとの関係を大人よりも簡単に持つようになった。兄ヘンリーは、母オーガスタの考えと、弟エドの母への病的な愛情を否定し始めるようになった。ヘンリーは周囲に、母は病気であると話し聞かせたことで、弟エドは苦々しい思いをした。

1944年5月16日、農場の近くで野火が燃え、兄弟は消火しに向かった。炎は消されたが、エドは警察に対し、兄が行方不明になったことを話した。捜索隊が組織され、エドは警察を先導して行方不明の兄を探した。兄ヘンリーは、地面に横たわって死んでいた。警察は、死体が発見された際の状況について疑問を抱いた。ヘンリーの遺体および現場はほとんど焼けておらず、頭部には傷があった。にもかかわらず、警察は殺人の可能性を退けた。のちに検死官は、ヘンリーは窒息死したと判断している。

兄の死後、エドは母オーガスタとだけで暮らすようになった。1944年にオーガスタは病に倒れた。母を懸命に看病するエドであったが、母は翌1945年に死去した。唯一人の「友達」であり、純粋に愛する人を、エドは失った。エドは葬儀の場で大泣きした。絶対的な影響力を持つ母親の死後、エドを待っていたのは完全なる孤独であった。エドは農場に住み続け、近隣の農場での収穫の手伝いやベビーシッターといった臨時の仕事と、アメリカ合衆国農務省から支給される休耕地土壌保全補助金でつつましく暮らしていた。エドは応接間や居間のような階下の部屋には手を付けず、主に階上の母親の部屋の床を板張りして利用していた。引きこもりがちではあったが、ときおり近隣の社会活動に参加し、物静かで礼儀正しく、丁寧な口調で決して汚い言葉や他人の悪口を言わないエドは、地元社会に「少し変わり者だが、善良な隣人」として受け入れられていた。村の子供たちの人気者で、ベビーシッターとして引っ張りだこのエドは酒を飲まず、ほとんど家に閉じこもって暮らしていた。

だが、エドはオカルト、解剖、死体への性的執着、カニバリズムを現していった。母の歪んだ教育によって、自分の男性器を切り落したいという思いを抱いたこともあったが、それは、墓場にある死体を解体するなどの行為として顕現した。満月の夜に、切り取った女性器に自らのペニスをくるみ、乳房のベストを身に付け、女性の頭皮を被って農場内を歩いたり、剥いだ皮膚を張った太鼓を肩から吊るして、人骨のばちで叩き鳴らしたりした。映画『エド・ゲイン』にもこの描写があり、エドが好んでいたとされる。

エドは、1947年から1954年までの間に、地元にある3つの墓地を夜間に40回訪れ、最近埋葬された状態の死体を多数掘り返している。 だが、彼は死姦だけは頑として否定した。

◆逮捕◆

1957年11月16日、ゲインは近くに住む雑貨店経営の57歳の女性バーニス・ウォーデンが行方不明になった事件で、彼女が最後に目撃されたときにゲインが居合わせたこと、さらに現場からゲイン宛ての不凍液購入の領収書が発見されたことから、武装強盗の容疑で別件逮捕された。警察が彼の屋敷を家宅捜索した際に最初に発見したのは彼女の死体であった。彼女は首を切断され、手首はロープに、足関節はかんぬきにそれぞれさかさまに吊るされた首無し死体となっていた。胴体は、「整えられた」シカの体のように胸部が引き裂かれて空っぽの状態であった。この体の解体は、検死で.22 Long Rifleの小銃での射殺後に行われたことが分かった。

警察当局による家宅捜査で発見されたのは、以下のものであった。

・ゲインの寝台の角の柱に乗っていた頭蓋骨
・人間の皮で作ったランプシェードと汚れた椅子の上の詰め物
・一見スープボウルらしき人間の脳天
・人間の心臓(心臓が発見された場所は、犯行現場にいたカメラマンは紙袋の中にあったと主張しているが、州の副保安官はストーブの上のソースパンの中にあったと報告している)
・紙袋の中から発見された、地元のバーの主人マリー・ホーガンの顔の皮膚
・人間の唇を引きちぎって作った窓の日よけ
・女性の胴体の皮膚で作った胴着
・複数の乳首から作ったベルト
・人間の肉で作った靴下
・人間の皮膚で作った入れ物
・ゲインが身に付けたことを認めた、保存された陰門
・萎びた人間の頭部の配列


全部で15人の女性の死体が見つかり、どれも解体されていて、一部はベスト(チョッキ)や食器・家具に加工され、また一部は食用として保存されていた。当時、ゲインの家には電気が引かれておらず、大量のごみで溢れかえっていた。ゲインは、死体は8人分で、すべて墓場から掘り起こしたものだと裁判で主張した。1954年の酒場の女主人マリー・ホーガン殺害の際には、彼女の頭を銃で撃ち抜いて射殺し、死体をそりに乗せて自宅に運んで解体している。実際に彼が生涯で殺したのはその2人(ウォーデンとホーガン)であった。

近所の子供たちによると、ときどき子守をしていたゲインは、しなびた人間の頭部を見せていた。噂によれば、第二次世界大戦の頃に世話を受けていた従兄弟が、南シナ海からすぐに送った遺体であるという。調査では、これらの裏返しにされた人間の顔の皮膚は、マスクを使って死体から注意深く剥がされたという。

ゲインは尋問を受けて、最近に埋葬された母と母に似た体を持つ中年の女性の死体を墓場から掘り返し、皮膚を手に入れてなめしたことを認めた。女性の皮膚をなめすゲインの技量は、狂気の服装倒錯の儀式の結果であると述べている。ゲインは、掘り起こした死体との性行為は否定しており、「匂いが不快過ぎた」と述べている。ゲインは尋問で、1954年から行方不明となっていたマリー・ホーガンを殺害したことも認めている。母の死からまもなく、ゲインは性転換を決意していた。ゲインは、女のふりをして「女性用のスーツ」を作った。

ゲインは、解体・加工を行ううえでの知識と技術、さらに人間の体を徹底して材料として扱う冷徹さを持っており、盗み出した遺体をたやすく解体していた。だが、ゲインは屍姦は否定しており、「女の体の仕組みが知りたかった」と答えた。ゲインは、母オーガスタを死ぬまで崇拝し続けた。墓から中年の女性を掘り起こしたのは、「母に似た」女性を探すためであり、母への愛情でもあった。

申し立てによると、プレインフィールドの保安官、アーサー・シューレイは、尋問の最中にゲインの頭と顔を煉瓦の壁に叩き付けるなどして暴行を加えたという。伝えられるところによると、ゲインの最初の自白は法的証拠として認めないことが決められたことが原因という。シューレイは、ゲインの裁判で証人として出廷した1か月後の1968年12月に、43歳で心筋梗塞で死んだ。多くの人は、ゲインの行為の恐怖による心的外傷と、裁判での証言での怯え(とくにゲインへの暴行に関して)が、彼を早死に至らしめたことを知っている。彼の友人の1人は、「結局彼はゲインの犠牲者になったのと同じことだ」と述べている。

【ゲインの犯行の余波】

1958年3月20日、ゲインが拘留されているあいだに彼の家が火事で燃え、放火が疑われた。この変事を耳にしたゲインは、無邪気に肩をすくめて「へぇ、そうかい」と述べた。

同年、犠牲者を運ぶのに使っていたゲインの車がオークションで売りに出され、見世物小屋の興行主が落札し、派手にデコレーションして展示した。

◆逮捕◆

逮捕後、ゲインは裁判中に証言台に立つこともできないほど精神的に無能力者と評決され、Waupun, Wisconsinの中央病院(現在は矯正施設)に送られた。その後、中央病院は刑務所に作り変えられ、ゲインは1968年にマディソンのMendota Mental Health Instituteに収容された。ゲインを診察した医者は、ゲインは裁判を受けるには十分健全であると判断した。裁判は1968年11月14日の水曜日に始まり、一週間続けられた。ゲインは、最初の殺人については判事から有罪の判決を下されたが、それは彼が法律的に精神異常であり、死ぬまで精神病院で過ごすことになるためであった。

ゲインは最終的に、慢性的な精神障害(性的サイコパス)として無罪になったが、「重度の精神病患者」として、刑務所ではなく、ミネソタ州立精神病院に収監された。その後は精神病院で過ごし、1984年7月26日、癌による呼吸不全で死亡した。

彼の墓があるプレインフィールドの敷地は、数年にわたってたびたび破壊されており、2000年には、記念品の探索者が彼の墓石の大部分を削り取って盗んでいる。墓石は2001年6月にシアトルの近くに作り直し、Wautoma, Wisconsinにある博物館に進呈され、展示されている。
スポンサーサイト
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
メールフォーム
検索フォーム
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。