凶悪事件簿 高校生首切り殺人事件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生首切り殺人事件

高校生首切り殺人事件高校生首切り殺人事件(こうこうせいくびきりさつじんじけん)は、1969年(昭和44年)4月23日、神奈川県で発生したいじめを原因とする殺人事件。


【「いじめ」の定義について】

いじめについては、2007年に従来の定義である「自分より弱い者に対して一方的に、身体的・心理的攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているもの」から「子どもが一定の人間関係のある者から、心理的・物理的攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」への見直しが文部科学省により行われ、「いじめか否かの判断は、いじめられた子どもの立場に立って行うよう徹底させる」とする方針が決定している。詳細は別項を参照のこと。


【事件の概要】

私立進学校に通っていた男子生徒Aは、男子生徒Bと仲は悪くなかったものの、中学時代から馬鹿にされたり、いじめられたりしていた。(しかしフリージャーナリストの奥野修司は、この事件を扱った自著等においていじめの存在を否定している。)
事件当日、AはBに辞書を取られ、その間に毛虫をはさまれていた。放課後、AはBを誘って山へ行き、2日前に盗んだナイフをBに見せたが、Bはナイフに驚かず、「お前の顔は豚に似ているな。」とAに言った。
Aは、Bが崖を登り降りしているのを見るうちに、今までに受けたいじめを思い出し、急に憎らしさが込み上げ、Bの首を登山ナイフで刺した。
Bが振り向き、Aは夢中でBを刺した。Bが倒れた後、Bからの更なるいじめを恐れたAはBを殺すことを決意し、10分以上もの時間をかけてBの首を切断し、その首を蹴飛ばした。
ナイフは現場近くの土の中に埋めて隠蔽した。しかしAは怖くなって、自分の肩を2回ナイフで刺して誰かに襲われたように偽装した後、車で通りかかった人に「不良の3人組に襲われた、友達が殺された」と嘘をついた。
そして4月25日、Aは警察署の取調室に父親と一緒に連れて来られた。警察は父親の付き添いのもと、Aの怪我を取り調べた。Aは犯行を隠すために「不良に襲われた。」と話すなど、これまでの供述の辻褄を合わせようとしたが、父親が帰った後、巡査部長ら3人に「これまでの供述は矛盾だらけだ。本当のことを言いなさい。」と言われ、午後6時15分、Bの殺害を自供した。ちなみにBを刺した回数は覚えていない。
奥野の著書によると、Aは初等少年院に送致されたものの、その後更生して有名大学に進学、大学院を修了し、司法試験に合格して弁護士となったが、遺族は家庭崩壊寸前の状態に陥った。遺族とAの父親は、毎月2万円ずつ支払う35年分割の720万円の和解金を支払う示談書を交わしていたが、Aの父親は40万円ほどを支払うと、和解金を滞らせて、680万円が未払いのまま、1998年に死亡した。
2006年、事件を取材した奥野は著書『心にナイフをしのばせて』を文藝春秋社から出版し、以来両者はノンフィクションとしては異例の8万部を超える売上により、多額の収益を得ている。一方、Aは実名等の個人情報がインターネット上で違法に公開されるなどの被害を受け、社会問題化した。Aは2006年10月に遺族に謝罪の手紙を送り、残された和解金を支払う意思があることを伝えている。手紙には、遺族に面会して直接詫びたい旨が書かれていたという。しかしその後Aは弁護士を廃業し、Aからの連絡は途絶えた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
メールフォーム
検索フォーム
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。