凶悪事件簿 姫路2女性殺害事件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路2女性殺害事件

姫路2女性殺人事件(ひめじ にじょせい さつじんじけん)とは、2005年1月9日に日本の兵庫県姫路市で発生した2女性殺人・死体損壊事件である。


【事件の概要】

2005年1月20日、当時23歳の女性会社員とその友人の23歳の専門学生の女性が失跡した。女性会社員の室内に現金がそのまま残されており、事件性を感じた女性会社員の家族が姫路警察署に連日相談しに行くが、担当の刑事が「年間1200人もの捜索願が出ているので、相手できない」と相手にせず、さらには刑事が怒り家族に電話機を投げつけようとしたこともあったという。

1月22日、姫路警察署ではまともに事件を捜査しないと考えた両親は、知人のつてを頼り兵庫県警元刑事の飛松五男(当時は定年前)を紹介。家族が記録として残していた、失踪前に女性会社員が自宅に連れてきた偽名を名乗る39歳の男の調査を依頼。飛松は男の居所を突き止め、張り込むのと同時に姫路警察署に通報した。

1月29日、両親と姫路警察署の署員2名は男の自宅へ向かい、姫路警察署の生活安全課の統括係長が任意で室内に入るが室内に女性会社員がいないことを確認したために帰ろうとする。その時、女性会社員の母親が男の部屋に許可を取り室内に入ったところスタンガンや異臭、カーペットに血痕があること、意識がもうろうとした女性を確認したために再度姫路警察署の生活安全課の統括係長に確認させたが、異常が無いとして帰ってしまった。そこで両親は飛松を呼び男を調査した所、覚醒剤を打っているような反応を示したために飛松が男を問い詰めた上に相生警察署へ通報、1時間半後に相生警察署が駆けつけ任意同行、翌日の1月30日に覚せい剤取締法違反により逮捕された。

逮捕から3ヶ月後の4月12日、男からの供述により事件の全貌が明らかとなった。

1月7日、専門学生の女性が男が経営していると言った鉄工所に就職を依頼するために女性会社員と共に会うが、2日後の1月9日に2女性を殺害。遺体をバラバラにして海に捨てた。

男が殺害を供述するまで、姫路警察署は「女性は風俗で働いていたから失踪した。時間が経てば帰ってくるだろう」と名誉毀損の説明をし、一部マスコミがそれを信じて報道した。

5月10日、兵庫県警は男を死体遺棄容疑で再逮捕。5月20日には殺人罪で再逮捕した。遺体の一部が発見された。

被害者の両親は「犯人は我々が捜査し見つけたようなものだ」と記者会見で答えた。2005年12月、姫路警察署は職務怠慢を遺族に謝罪した。なお姫路警察署幹部が遺族の自宅に訪問し土下座して謝罪する様子が隠しカメラで撮されていた。

男は2女性の殺人、死体損壊、死体遺棄容疑で起訴され、2009年3月17日、神戸地方裁判所姫路支部で死刑判決。男は即日控訴したが、2010年10月15日、大阪高等裁判所は被告側控訴を棄却した。

頭部などの遺体は未だに発見されていない。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件

新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件(しんじゅく・しぶやエリートバラバラさつじんじけん)は、2006年12月、東京都新宿区、渋谷区ほかにて、切断された遺体が見つかった殺人事件、死体損壊・遺棄事件である。


【遺体発見】

2006年12月16日、東京都新宿区西新宿の路上で、ビニール袋に入った上半身だけの遺体が見つかる。当初、歌舞伎町に近い新宿という土地柄、被害者を外国人と断定し、暴力団関係者・中国系マフィアなどによる犯行(抗争事件)という見方が強かった。

同年12月28日、渋谷区内の空民家の庭で下半身のみの切断遺体が発見される。この下半身遺体と、西新宿で見つかった上半身遺体のDNAが一致し、この遺体は外資系不動産投資会社に勤務する男性(当時30歳)と判明した。

最初の遺体発見から約1か月経った2007年1月10日、死体遺棄の疑いで容疑者逮捕。逮捕されたのは、被害者の2歳年上の妻であった。逮捕後、町田市の芹ヶ谷公園で頭部を発見。手首はゴミと一緒に捨てたと供述している。


【事件の経緯】

夫妻は2002年11月頃に知り合い同年12月より同棲を始め、翌年(2003年)3月に結婚する。裁判では、出会いから結婚までの期間を“いろいろあった末に結婚”と表現されているが、妻は妊娠を期に結婚したが、経済力のない夫と家庭を持つことに不安を感じ、同年3月上旬に堕胎している。

夫妻は結婚後数ヶ月で不仲になったとされ、妻は夫からドメスティックバイオレンス(DV)を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したと供述。妻は一時期、夫の暴力から逃れるためシェルターと呼ばれる保護施設に避難した。また、互いに不倫相手がいたとも供述している。

2006年12月12日早朝、妻は就寝中の夫を中身の入ったワインボトルで殴り殺害。自宅で遺体を切断し、その後自宅をリフォームするなど隠蔽工作も図っていることから計画性ある犯行と憶測を呼んだ。事件の2日後にタクシーを使い上半身を新宿区の路上へ遺棄。持ち運びに疲れたために下半身を渋谷区の民家に遺棄し、バッグに頭部を入れ電車に乗り町田市の公園に遺棄したと供述。短絡的な犯行ともいわれている。

妻逮捕の決め手となったのは、夫の上司が自宅マンションの防犯カメラで帰宅する夫の姿を確認したことである。事件発覚前の12月15日には妻が捜索願を出していた。


【裁判】

初公判は2007年12月20日に東京地方裁判所で開かれた。弁護側、検察側の証人に夫妻双方の不倫相手(愛人)が出廷する異例の裁判となった。裁判の中で注目を集めたのは、妻の犯行時の精神状態、責任能力の有無であった。注目の精神鑑定では検察、被告人の鑑定証人が共に犯行時は心神喪失状態との判断を下す異例の事態が報告された。この裁判は裁判員制度を踏まえた裁判のモデルケースとしても注目され、裁判のなかで弁護側、検察側が同時に鑑定した医師に対し質問するといった異例の形式を取った。妻の弁護人は(妻は犯行時)心身喪失状態にあり責任能力はないと無罪を主張。他方、検察側は責任能力に問題はないとし、懲役20年を求刑した。弁護側、検察側両鑑定が精神(心身)喪失を認定しており、近年最高裁判所の判決でも精神鑑定の結果を重視する判決が出る傾向のなか、東京地方裁判所がどのような判断をするのか注目された(なお、検察側は精神鑑定の再鑑定を裁判所に請求したが裁判所はこの再鑑定請求を却下している)。

2008年4月28日、東京地方裁判所(河本雅也裁判長)は動機が明瞭で計画性もあり、また犯行後死体遺棄や隠蔽工作を行っており、精神状態は犯行の手助けにしかなっていないと完全責任能力を認め、妻に懲役15年の判決を言い渡した。妻側の弁護人はこの判決を不服とし同年5月9日に控訴した。控訴審公判では3回目の精神鑑定が行われ被告の完全責任能力を認める鑑定結果を証拠採用した。

2010年5月、東京高等裁判所で控訴審公判最終弁論が開かれ弁護側は心神喪失による無罪を主張、検察側は精神鑑定の信用性の高さを主張し控訴棄却を求め結審した。同年6月22日に控訴審判決公判が開かれ出田孝一裁判長は東京地方裁判所判決(1審)を支持し被告側の控訴を棄却した。同年6月29日までに上訴権を放棄したため懲役刑が確定した。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
メールフォーム
検索フォーム
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。