凶悪事件簿 和歌山毒物カレー事件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山毒物カレー事件

和歌山毒物カレー事件(わかやまどくぶつカレーじけん)は、1998年7月25日夕方、和歌山県和歌山市の園部地区で行われた夏祭において、提供されたカレーに毒物が混入された事件。


【概要】

事件1998年7月25日に園部地区で行われた夏祭りで、カレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送され、4人(64歳男性、54歳男性、16歳女性、10歳男性)が死亡した。

当初保健所は食中毒によるものと判断したが、和歌山県警は吐瀉物を検査し、青酸の反応が出たことから青酸中毒によるものと判断。しかし、症状が青酸中毒と合致しないという指摘を受け、警察庁の科学警察研究所が改めて調査して亜ヒ酸の混入が判明した。

逮捕後1998年10月4日、知人男性に対する殺人未遂と保険金詐欺の容疑で主婦・林眞須美(はやし ますみ、1961年7月22日 - )が逮捕された。さらに12月9日には、カレーへの亜ヒ酸の混入による殺人と殺人未遂の容疑で再逮捕された。

林は容疑を全面否認したまま裁判へと臨み、1審の和歌山地裁の初公判では5220人の傍聴希望者が出た(これはオウム真理教事件の麻原彰晃や覚せい剤取締法違反の酒井法子に次ぐ記録であり、事件発覚前に無名人だった人物としては最高記録である)。

1審、2審の大阪高裁において共に死刑判決を受け上告していたが、2009年4月21日に最高裁判所が上告を棄却。判決訂正も5月18日付で棄却したため死刑が確定した。林は戦後日本では11人目の女性死刑囚である。


【裁判の反響】

1審において被告人が完全黙秘を行い、メディアがこれについて批判的な報道を行ったため、1審の判決文において黙秘権の意義に関し、専らメディア向けとみられる一般的な判示がなされるなど、刑事裁判の在り方の点から見ても特異な事件となった。

被告人が犯人であるという直接的な証拠や自白がなく、状況証拠だけで死刑判決が出された事件として異例だったと言える。裁判では動機も解明されなかったが、そのことが被告人が犯人であるという認定を左右しないと最高裁で認定されるなど、未必の故意による殺人としても異例である。

裁判ではテレビで放映された被告人に対する取材映像が証拠として採用され、テレビ局などからの強い反発をよんだ。これに対し、最高裁では「報道された情報をなぜ証拠としてはならないのか、理解に苦しむとするなど、話題に事欠かない裁判となった。


【医学的問題】

本事件では被害者の症状では4名が死亡、63名が症状を呈したのだが医学的報告における生存者を調査したものがある。急性期の症状については今まで余り研究されていない。 なお、この事件の英文版に一部、%を加えて記述してある。

最初の2週間に出現したもの 文献には%が書かれている。
胃腸障害(吐気、嘔吐、下痢)、精神神経学的症状(衰弱感(Weakness), 頭痛、麻痺、Paresthesia, 痙攣(convulsion),精神)、皮膚科学的症状(皮膚の発疹、粘膜の変化)、電解質異常、血液学的症状(白血球増多、白血球減少、血小板減少、貧血)、肝機能変化(aminotransferase増加、alanine aminotransferase増加)、心臓血管系変化(低血圧、Q-T 延長、T波の変化、ST変化)、肺(心臓陰影増大、肺浮腫、肺水腫(plural effusion)
また皮膚科的変化としては結膜下出血、顔面などの紅斑(flushing syndrome)、顔面の浮腫、皮膚の紅斑、丘疹、単純ヘルベス、四肢末端の皮がむけること、脱毛
同じ報告から、事件から3か月まで発症した皮膚科的症状:爪の横の凹線(Beau's line),爪の横の白線(Mee's line)、爪の全白斑、爪の萎縮(Onychodystrophy)、爪のまわりの色素沈着、四肢末梢の皮がはげること、炎症後色素沈着、にきび様発疹、炎症後白斑、口唇の色素沈着。
急性症状に関しては、ヒ素中毒は別の毒物中毒の症状と変わらない場合が多い。すなわち、これらの症状にヒ素中毒特異性はない。
長い年月を経て、慢性ヒ素中毒は発生するものと思われる。慢性ヒ素中毒に関しては、ヒ素中毒を参照のこと。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
メールフォーム
検索フォーム
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。