凶悪事件簿 ヘンリー・リー・ルーカス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー・リー・ルーカス

ヘンリー・リー・ルーカス(Henry Lee Lucas, 1936年8月23日 - 2001年3月13日)は、アメリカ合衆国の連続殺人犯。全米17州で300人以上を殺害していると言われる。著名なシリアルキラーの1人であり、トマス・ハリスの作品に登場する連続殺人者、ハンニバル・レクターのモデルの1人。


【母の虐待】

ヘンリー・リー・ルーカスは1936年8月23日、アメリカバージニア州ブラックスバーグに生まれた。母親のヴィオラはアイルランド系インディアンの女で、売春婦をしていた。父親のアンダーソンは、酒に酔って列車に轢かれ、両足を失った貧弱な元鉄道員であった。ヘンリーは11番目の子供であり、ヴィオラは女児が生まれてくることを期待していた(娘が生まれれば、母娘で売春が出来ると考えていた)。だがヘンリーが男児であったことに失望する。ヴィオラは息子を「ヘンリエッタ」と名付けて女装をさせたり、意味も無く殴りつけたり、自身の客を家に呼んでヘンリーの前で性交し、それを見るように強要するなど、虐待を繰り返していた。

ヴィオラはしばしば「お前は死ぬまで私の奴隷」「あんたは悪魔から生まれた生き物なのだから、当然あんたは悪魔なのだ。腐ったろくでなしとして生きてもらう」「あんたはこの世に地獄をもたらすために生まれてきた」と、ヘンリーを罵倒した。ヴィオラ以外の人物にヘンリーが優しく接せられると、ヴィオラは激しく怒り、ヘンリーに優しくした本人を口汚く罵った。小学校の高学年になったとき、ヘンリーはラバを飼いたがっていた。ヴィオラが珍しくラバの子供を買ってきてヘンリーに与えたことがあった。ヘンリーは喜び、寝食も共にするほど気に入り、ラバもヘンリーに懐いた。ヴィオラがヘンリーに、ラバが気に入ったかどうかを尋ね、ヘンリーが気に入った旨を告げると、そのラバを射殺した。ヘンリー自身、「おふくろは、俺が何かを愛するという感情を抱くことに我慢ならなかった」「おふくろは完全な狂人だった」と告白しており、ヴィオラが人格的に異常であったことは明らかであった。

ヘンリーは10歳で酒の味を覚えたが、それは父親の影響であった。彼もヴィオラから罵倒されたり虐待されていた。そればかりか、アンダーソンは彼女から虐待されるのが好きであった。ヘンリーは後に、「本当の親父だったかどうかも分からない」「汚らわしいマゾだった」などと語っている。14歳ではじめての殺人(17歳の少女をレイプして絞殺)を犯した。最初の殺人は、ヘンリーにとって最悪のものであった。母による激しい虐待と、女性に対する彼の意識が彼を大きく歪ませ、女性とセックスに対して激しい憎悪を抱くようになった。23歳まで出所と服役を繰り返すが、同年に義姉の元で恋に落ちた。ヘンリーは彼女と生きていくことを決め、まともに働こうとした。だが、母親がヘンリーの元に現れ、口汚く罵ったことで恋人は彼の元を立ち去り、ヘンリーは再び一人になった。


【母の殺害】

ヴィオラの悪罵に耐えかねた彼は、母の喉を自らナイフで切り裂いて殺害した。彼は逮捕され、第二級謀殺罪により40年の刑を宣告された。しかし、彼自身は「おふくろが本当に死んだ」とは思ってはいなかった。長年ヴィオラに虐待されたことで、ヘンリーは骨の髄まで母の支配下にあった。刑務所の中でも、母ヴィオラの声が何度となく響き、ヘンリーに自殺を強要してきた。幻聴であった。これによりヘンリーは乖離症状を繰り返し、精神分裂病と診断された。ヘンリーは、自身を診察した医師に対して、「セックスの際に相手を殺さなければ絶頂に達することができない」という証言をしている。

ヘンリーは仮釈放を望まなかった。だが、囚人一人に掛かる年間の費用が多額であったことと、当時のベトナム戦争が泥沼化していたことで、国の財政が逼迫していたことから、司法当局は「更生の見込みのある犯罪者には、可能な限り社会復帰のチャンスを与える」という名目で、早期釈放を推進していた。収監されてから10年後、ヘンリーは仮釈放されることになった。獄中で電気技師の資格を取得したことや、大学レベルの教育プログラムを無事修了したことなどが評価されたためであった。仮釈放委員会で「釈放されたら、自分は必ず人を殺す」と明言していたにもかかわらず、彼は釈放された。仮釈放審査の面談で委員のひとりから、「君は釈放されたら本当に人を殺しますか?」と尋ねられたヘンリーは、「はい。私は釈放されたら間違いなく人を殺します」と言ったが、委員たちはこれをジョークと受け取った。そしてヘンリーは、自らの予言通りに、刑務所を出て数ブロックのところで女性を絞殺し、金品を強奪した。

釈放後の1979年、ヘンリーはオーティス・トゥールという男と出会う。オーティスは下品で野蛮な男であったが、彼と出会ってから紹介されたベッキーという少女に、ヘンリーは強く惹かれていった。ヘンリーと行動を共にし、無条件でヘンリーを受け入れるベッキーの髪の毛をといたりするなどして、ヘンリーは彼女を愛し始めた。彼女に対してセックスは求めず、性的衝動が高まると、別の女性を襲って殺害してからベッキーの元へ戻ってきた。だが、後にベッキーがキリスト教に目覚めたことがきっかけで2人の間に溝が生まれる。後にヘンリーはベッキーを殺害したが、そのことをひどく後悔した。ベッキー殺害後のヘンリーは、犯行後に証拠を残すようになった。1983年の逮捕後、ヘンリーは約3000件の殺害を自供しているが、一般的に実際に殺害したのは360人程度と考察されている。ただし、ヘンリーには虚言癖があったとされるためにこの数字にも根拠は無い。

ヘンリーは後にモンタギュー郡拘置所の独房の中でキリスト教に目覚め、テキサス州ウィリアムソン郡ジョージタウン刑務所にて、それまでの罪を進んで自白するようになった。それは、彼が犯した殺人のために冤罪で逮捕される人を救うためであるというが真実は定かでない。殺人罪が確定しているのは9件で、物的証拠があるのは2件のみである。

彼の死刑は1998年に執行されるはずだったが、当時のテキサス州知事だったジョージ・W・ブッシュが、証拠不十分を理由に死刑執行を延期した。当時ブッシュの手元には153人分の署名できる死刑執行書があったが、ブッシュは任期中に152人の死刑を執行した死刑執行推進派であり、まさに異例中の異例であった。

毒殺以外のありとあらゆる殺しを行ったと彼は語っている。

「ヘンリー・ルーカス連続殺人事件特別捜査班」の正式メンバーとして、鉄格子の中から助言を行っていたが、2001年、テキサス州ウィリアムソン郡ジョージタウン刑務所内にて心臓発作で死亡。64歳没。遺体を引き取りに来た身内はいなかった。


【ヘンリーの言葉】

・『女は存在する必要がない。だから見つければ全て殺す。要するに俺はいいことをしたって訳さ』
・『殺人は息をするのと同じだった』
・『俺にとってセックスは最悪のものだった。俺を自然のままに受け入れてくれる奴などいなかった。セックスしたけりゃ力ずくだ。殺すしかない』
・『人間?それは俺にとってなんでもなかった、ただの白紙だった』
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
メールフォーム
検索フォーム
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。