凶悪事件簿 森安九段刺殺事件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森安九段刺殺事件

森安九段刺殺事件(もりやすくだんしさつじけん)とは1993年11月に将棋棋士の森安秀光九段が殺害された事件。


【概要】

1993年11月23日午前8時50分頃、神戸市の森安の自宅の書斎で森安の刺殺体が妻(当時40歳)によって発見された。
妻が警察に電話しようとすると、包丁を持った中学1年生の長男(当時12歳)に襲われ、首に全治2週間の怪我を負ったものの、長男から包丁を奪った。その後、長男は家から逃走した。
解剖の結果、森安は死体発見の前日の11月22日午後5時から6時頃に殺害されていたことが判明。
翌日11月24日午後2時半過ぎ、森安の自宅から7km離れた行きつけのゲームソフト店で逃走していた長男が発見されて保護された。
警察に保護された長男は受験勉強を課していた父を批判する言葉を出していた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR
リンク
メールフォーム
検索フォーム
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。